headband
切れ痔の原因〜痔疾治療〜
HOME >> 痔のレーザー療法とは?

痔のレーザー療法とは?

医療や美容で大活躍のレーザー療法
医療技術の発達した現代社会におきましては、レーザー療法の技術もまた大きく進歩しているわけであります。

そのおかげもありましてレーザー療法は、医療や美容の現場にも積極的に利用されるようになってきております。


そもそもレーザー療法というのは、レーザー発振器によってレーザー光線を人工的に作りだして医療に利用する方法のことです。

そして当然のことのように、痔の治療の現場にも採り入れられるようになりました。

※レーザー療法の参考記事
ソフトレーザー光線を利用した咽頭照射療法を実施している鍼灸整骨院もありますし、また、花粉症や関節炎の治療では、低出力レーザ療法を採用している病院もあります。

また、海外では飛蚊症の治療でレーザーが利用されているところもあります。美容の分野ではシミの除去などでも使われていますね。



痔治療でも活躍するレーザー療法
痔の治療におけるレーザー療法は、それほど症状の重くない軽度の痔の治療で採用されることの多い方法です

例えば、イボ痔の中でも悪化した内痔核になどにおいて、患部にレーザー光線を照射することで痔核を焼いて小さくする、あるいは切り取ってしまいます。


痔ろうの患者の場合は、切開に際してレーザーを利用し、そして最後に縫合することになります。

痔のレーザー療法と言いますとなんだかそれだけで、一つの種類しかないように思われがちですが、実は二通りの方法があります。

【痔のレーザー療法】
(1)接触法
(2)非接触法


※こちらに続きます。
>>>レーザー療法の接触法と非接触法

pagetop

原因

症状

種類

治療

予防

Copyright(C) 2012 切れ痔の原因〜痔疾治療〜 All Rights Reserved. 外為ジャパン評判