headband
切れ痔の原因〜痔疾治療〜
HOME >> 痔の外科的療法

痔の外科的療法

※「痔の治療方法には何があるの?」からの続きです。

痔の治療方法には「痔の治療方法には何があるの?」でご説明したとおりに、大きく分けて保存療法と外科的療法の2種類あります。

ここでは外科的療法についてご説明してみたいと思います。


(2)外科的療法
痔の症状も軽度であれば、薬物療法に代表される保存療法で改善することもできるでしょう。ところがもっと悪化してしまっているような場合、保存療法だけでは治すことができません。

そこで行われるのが「外科的療法」ということになるわけです。外科的療法を別な言葉で言いますと一般的には「手術」ということになりますが、ただそれだけではありません。


実は痔の外科的療法には注射療法があります。この注射療法は、内痔核に対して効果があると言われておりまして、それは内痔核に薬品を注入することによって炎症を抑制したり痔核を小さくするという方法です

最近は、注射療法の一種である「ジオン療法」が注目を集めているようです。

※ジオン療法につきましてはこちらをご参照ください。
>>痔のジオン療法とは?<<


また、痔になっている部位に対して−60℃の冷気を当てることで患部を壊死させてしまうという凍結療法があります。

しかし凍結療法は、傷跡が残る可能性がある、再発するケースが多いなどから最近はあまり実施する病院も見られなくなりました。


他には痔核の患部を輪ゴムで縛り、凍結療法と同じように壊死させて除去するという輪ゴム療法もあります。

これらの方法は、入院とか麻酔の必要もありませんし、安静にする期間も2〜3日程度ですので比較的簡単に実施できる外科的療法ということになります。

また、外痔核の場合は切除手術が行われますし、さらには痔痔ろうということになりますと、手術以外に治せる方法はないということになります。

pagetop

原因

症状

種類

治療

予防

Copyright(C) 2012 切れ痔の原因〜痔疾治療〜 All Rights Reserved. 外為ジャパン評判