headband
切れ痔の原因〜痔疾治療〜
HOME >> 痔と大腸癌の症状の違い

痔と大腸癌の症状の違い

※「痔が悪化して大腸癌?」からの続きです。

出血という症状
痔と大腸癌の症状には似ているところがあります。

しかし個人が工夫したからと言って、見分けられるものでもありません。

痔と大腸癌に共通して見られる症状は排便した時の出血です


痔の典型的な症状に、便を排泄する時の出血があります。この当たり前過ぎる、排便時の出血という症状を目にして痔と判断する人が多いわけですね。

もちろん、その判断が正しいこともあるでしょう。しかし間違っていた場合、そして痔と思い込んで放置した病気が癌だったとしたらどうなるのでしょうか?


黒い便は危険信号
癌の進行は、けっして待ってくれたりしません。悪化の一途をたどります。

ただ、癌と大腸癌の症状が似ているとは言いましても、若干の違いはあります。ここでは癌と大腸癌の症状の違いについてご説明してみたいと思います。

大腸癌の病態は、粘膜が切れているだとか、あるいは患部がうっ血しているわけではありません。大腸癌の初期は少量の出血が続きます。


そして悪化するにしたがって出血する量も増え、出血した血液は便の表面につくようになります。一般的にも黒っぽい便が出るようになった場合は大腸癌の疑いがあると言われていますよね。

便が黒くなるという症状は、大腸癌の一種とされている結腸癌に見られます。結腸癌を発症しますと、患部から出血してから排便までの過程に時間を要します。


出血した血液は凝固して黒っぽくなりますので、黒い便になってしまうわけです。

それに対して、痔の分かりやすい症状も出血なのですが、ハッキリとした赤い鮮血がトイレットペーパーに付着したり、便器に赤い血が垂れたりします。

ということで、これは症状から言って「痔だ」と安心して放置してしまいますか?ここはやはり、大事に至らないように大腸癌の検査を受けるべきでしょう。

pagetop

原因

症状

種類

治療

予防

Copyright(C) 2012 切れ痔の原因〜痔疾治療〜 All Rights Reserved. 外為ジャパン評判