headband
切れ痔の原因〜痔疾治療〜
HOME >> 痔のジオン療法と四段階注射法

痔のジオン療法と四段階注射法

※「痔のジオン療法とは?」からの続きです。

四段階注射法
痔のジオン療法において、薬剤の投与前には麻酔がかけられます。

麻酔は肛門を支配する神経に働きかける硬膜外麻酔か、あるいは局所麻酔が実施されることになります。

麻酔の効果が現れたところで、痔核を上極部粘膜下層、中央部粘膜下層、中央部粘膜固有層、下極部粘膜下層と4分割してジオンを投与します


この治療は、一つの痔核に対してそれぞれ実施されますので、複数の痔核がある場合は、その数だけ行われることになります。

言葉で表現すると、もしかしたら簡単に思えるかもしれませんが、この方法はかなり高度な技術を持った医師でなければできません。

ちなみにジオン療法は、日帰り治療が可能で入院の必要もありません。もちろん、場合によっては入院が必要なケースもあるでしょう。


術後二日程度の安静が必要
ただし、いくら日帰り治療が可能と言っても、翌日からバリバリ仕事をするというわけにはまいりません。

ジオン療法実施後、二日間くらいは自宅で安静にしている必要があります。

また注意すべき点として、投与された硫酸アルミニウムカリウムは腎臓から尿の中に排出されます。したがいまして、しっかりと水分補給をして排尿するということが肝要です


ジオン療法が行われた後の二週間くらいまでに、注射した患部に痛みや腫れ、発熱、肛門のところが重い感じがするなどの症状が現れることがありますので、けっして無理をしてはいけません。

ジオン療法と一般的に行われる痔の手術とを比較した場合、患者にかかる負担は大変少ないわけです。

そんなことからジオン注、ALTA療法とも呼ばれるジオン療法は画期的な痔の治療法だとも言われております。


しかしながら、ジオンは非常に強い薬品を使用することから、四段階注射法の講習会を受講済の医師しか実施することができません。

そんなことから、ジオン療法を行うことのできる病院が国内にたくさんあるわけではありません。ごく限られた病院でしかできませんのでご注意くださいね。

pagetop

原因

症状

種類

治療

予防

Copyright(C) 2012 切れ痔の原因〜痔疾治療〜 All Rights Reserved. 外為ジャパン評判