headband
切れ痔の原因〜痔疾治療〜
HOME >> あな痔とは?

あな痔とは?

男性に多いあな痔
痔という疾患にはいくつかの種類がありますが、その中に「あな痔」と呼ばれるものがあります。

日本人にはとても痔に悩まされている方が多いわけですが、それでもこの「あな痔」というタイプの痔疾のことは聞き及びでない人が少なくないかもしれませんね。


「あな痔」は正式名称を痔瘻(じろう)と言いまして、その他には蓮痔や穴痔とも呼ばれております

あな痔は、男性の方が女性よりも発症する人が多くなっておりまして、痔の中にあって非常に治療が困難で 始末が悪いとも言われているわけです。


直腸に繋がる肛門以外の穴
肛門には、肛門腺窩と呼ばれるポケットのようになっている窪みがあります。ところが便がぶつかるなどして傷ついてしまい細菌が侵入することがありまして、そうすると炎症を起こしてしまい化膿します。

膿は肛門の周囲に排膿されますが、膿が溜まっていたところは小さな穴ができます。

このことが繰り返されますとトンネル状の管が通って、直腸に繋がる穴が肛門以外にもできてしまいます


このことから、あな痔と呼ばれるようになったわけですね。またトンネル状の管は瘻管と言われております。

あな痔は、その症状によってT型、U型、V型、W型の四つ分類されています。

T型・・・瘻管がごく浅い皮膚の下を通っている状態。
U型・・・瘻管が肛門の周囲にある筋肉の間を通っている状態。
V型・・・瘻管が肛門の周囲にある筋肉の間を通り、原発巣も深いところにある状態。
W型・・・瘻管が肛門の周囲にある筋肉の間を複雑に通って、さらに原発巣も深いところにある状態。



※こちらに続きます。
>>>あな痔の治療方法

pagetop

原因

症状

種類

治療

予防

Copyright(C) 2012 切れ痔の原因〜痔疾治療〜 All Rights Reserved. 外為ジャパン評判